TEL:0800-800-2428
MENU

施工事例

Works

上越市新築住宅「光を取り込む家」

T邸
所在地
新潟県上越市仲町
坪数
50 坪
工法
SW工法 オール電化

玄関ドアを開ける。墨黒のタイルとモルタルで床をモダンに仕上げた。

玄関ドアを開ける。

墨黒のタイルとモルタルで床をモダンに仕上げた。

ホールから玄関を見る。 ベンガラ色のオリジナル収納が存在感を出している。収納と足元にも照明を施し、贅沢な雰囲気を演出する。

ホールから玄関を見る。

ベンガラ色のオリジナル収納が存在感を出している。

収納と足元にも照明を施し、贅沢な雰囲気を演出する。

収納力と充実した機能を持つシワインレッドのステムキッチン。間仕切りは、壁を作らず柱に障子を組み込みインテリアのアクセントにした。

収納力と充実した機能を持つシワインレッドのステムキッチン。

間仕切りは、壁を作らず柱に障子を組み込みインテリアのアクセントにした。

リビングからDKを見る。オープンなキッチンなので皆でワイワイ楽しく!

リビングからDKを見る。

オープンなキッチンなので皆でワイワイ楽しく!

リビング吹抜け。

リビング吹抜け。

奥に長く伸びた廊下。幅を少し広めに取ったので視界が広がる。畳職人のお施主さんアイディアで廊下に畳を敷いた。心地良さとデザイン性の二面を兼ねた。

奥に長く伸びた廊下。

幅を少し広めに取ったので視界が広がる。

畳職人のお施主さんアイディアで廊下に畳を敷いた。

心地良さとデザイン性の二面を兼ねた。

間接照明だけつけたリビングは、昼間と違った落ち着いた空間になる。夫婦でゆったりとお酒を交わすのもいい。

間接照明だけつけたリビングは、昼間と違った落ち着いた空間になる。

夫婦でゆったりとお酒を交わすのもいい。

TV棚&飾り棚。カウンターの下にオール電化に欠かせない蓄熱暖房機器を設置。格子でさりげなくカモフラージュ。

TV棚&飾り棚。

カウンターの下にオール電化に欠かせない蓄熱暖房機器を設置。

格子でさりげなくカモフラージュ。

ホールとの間に間仕切壁を造らない事により、LDKからホール、廊下、階段へと視界がどんどん広がる。

ホールとの間に間仕切壁を造らない事により、LDKからホール、廊下、階段へと視界がどんどん広がる。

掘りごたつのあるリビング。収納してフラットなリビングも可能。この畳は、水気や汚れに強く、がんがん水拭きができる。

掘りごたつのあるリビング。

収納してフラットなリビングも可能。

この畳は、水気や汚れに強く、がんがん水拭きができる。

リビング上の吹抜け。天井は、シナベニヤの目透かし貼りで、シンプルで温かみある雰囲気にした。

リビング上の吹抜け。

天井は、シナベニヤの目透かし貼りで、シンプルで温かみある雰囲気にした。

リビング南面に設けた沢山の窓から光が燦々と入り明るい室内に。Low-eガラス(熱反射)なので真夏の暑さを遮る。

リビング南面に設けた沢山の窓から光が燦々と入り明るい室内に。

Low-eガラス(熱反射)なので真夏の暑さを遮る。

2Fホール。1F玄関上部と吹き抜けでつながり、光の行き来をさせてさりげなく有効に機能させる。

2Fホール。1F玄関上部と吹き抜けでつながり、光の行き来をさせてさりげなく有効に機能させる。

北側寝室は、市松模様が浮かび上がる畳を敷き、ガラスにはホワイトのシートを貼った。室内に眩しいくらい均整の取れた光が入り込む。

北側寝室は、市松模様が浮かび上がる畳を敷き、ガラスにはホワイトのシートを貼った。

室内に眩しいくらい均整の取れた光が入り込む。

モダンな外観。沢山の開口により、 室内に沢山の光を取り込む。

モダンな外観。

沢山の開口により、室内に沢山の光を取り込む。

設計者の一言


Planner 西脇 直也

長屋の一画で住宅新築を計画しました。長屋と言えば、間口が狭く奥行きが非常に長い。両サイドの家が迫っていて、ほぼくっついている状態です。昼間も電気をつけて生活することが多いそうです。とにかく明るい家!を造る計画をスタート。

玄関ドアを開けると、ゆとりある玄関、広めの廊下、視界が上へ逃げるような階段があります。暗さと狭さを感じさせないように視線の行き先を考慮しました。
一歩上がると左に大開口を有する大空間のリビングが、より一層空間の広がりを助けます。リビング吹き抜けからそそぐ光は、2Fリビングホールを乱反射し、その光が階段から戻ってきます。閉じられているファザードから実は大量の光を取り込んでいて、その光を更に室内で有効に活かす空間作り。ここに「光を取り込む家」が完成しました。

関連記事