TEL:0800-800-2428
MENU

施工事例

Works

32年目のリフォーム

A邸
工法
1階全面リフォーム
築32年の住宅を、気密・断熱工法で造り替え、省エネルギー住宅にしました。
・家族の温もりを感じる住まい
・共有スペースを快適空間
・こだわりのキッチンスペース
・たっぷり収納

After

リフォーム後の玄関ホール

リフォーム後の玄関ホール。真っ白の壁とブリックタイルでエレガントに。

LDKを和室から見る

和室の建具を開けるとLDKが広がります。どこにいても家族の温もりを感じます。

対面式キッチン

対面式キッチンにしました。右奥には、パントリー(食品庫)と勝手口があります。

廊下

廊下をホールの続きになるように部屋を配しました。ずいぶん明るくなりました。

モダンな和室

モダンな和室。光を通す建具を製作し、フレキシブルな空間に。柔らかな光と人の気配を感じる安心感があります。照明器具は既存の物を使用しました。

Before

玄関ホール。 壁の向こうに水廻りと階段があります。

玄関ホール。壁の向こうに水廻りと階段があります。

中廊下をはさんで部屋があったためとても暗い廊下でした。

中廊下をはさんで部屋があったためとても暗い廊下でした。

旧居間と座敷。

旧居間と座敷。

台所。 窓際にキッチン、あいている部分にダイニングテーブルが置いてありました。

台所。窓際にキッチン、あいている部分にダイニングテーブルが置いてありました。

旧居間。

旧居間。

設計者の一言


Planner 西脇 直也

築32年になるA様邸。途中で2Fをリフォームされ、もったいないということで取り壊さずに1F共有スペースを全面リフォームすることにしました。
床や壁、天井を気密・断熱工法で造り替え、冬は暖房機1台、夏はエアコン1台で個室を除いた全室をまかなえるようにしました。
それによって今まで一部屋づつ区切られていた室内が、オープンな間取りに。キッチンからリビングも和室も眺められるようになり家族の温もりが一層感じられる住まいに。

内覧会では、リフォーム前後の違いにビックリされていました。玄関に入ってすぐに「うぁー!明るくなったね~。」をおっしゃっていました。
玄関って大事なんだなぁとつくづく実感しました。

イメージをガラリと変え、明るくオープンな住まいになったので良かったです。Aさまと一緒に造り上げた住まいの完成です!

関連記事