TEL:0800-800-2428
MENU

施工事例

Works

妙高市新築住宅「重厚感のある家」

T邸
所在地
新潟県妙高市関山
坪数
49 坪
工法
SW工法 オール電化

木調のモダンな玄関ドアは、気密断熱の性能をもつドア。コンクリート打放しの壁と、白くペイントしたコンクリート壁が、モダンな雰囲気を漂わせる。

木調のモダンな玄関ドアは、気密断熱の性能をもつドア。

コンクリート打放しの壁と、白くペイントしたコンクリート壁が、モダンな雰囲気を漂わせる。

玄関ホールを見る。 大理石調の玄関タイルと床材を使い高級感を出した。足元にLEDスポットライトを施し、3階まで光を届け演出。

玄関ホールを見る。

大理石調の玄関タイルと床材を使い高級感を出した。

足元にLEDスポットライトを施し、3階まで光を届け演出。

階段から玄関ホールを覗く。 スッキリとしたシンプルな空間。

階段から玄関ホールを覗く。

スッキリとしたシンプルな空間。

ダイニングから階段を見る。 階段が、各室を間仕切る。

ダイニングから階段を見る。

階段が、各室を間仕切る。

リビング。 間仕切りがなく大きなスペースを使える。高気密・高断熱・高耐震性能を持つ家ができる強み。TV棚の下にも照明器具をつけて、リビングの雰囲気を色々と楽しめそう。

リビング。

間仕切りがなく大きなスペースを使える

。高気密・高断熱・高耐震性能を持つ家ができる強み。

TV棚の下にも照明器具をつけて、リビングの雰囲気を色々と楽しめそう。

リビング吹抜け。 夜になると、照明の使い方で、落ち着いたムーディーなリビングになる。

リビング吹抜け。

夜になると、照明の使い方で、落ち着いたムーディーなリビングになる。

ダイニング。 間仕切りが無いため、ダイニング以外の部屋の窓から、光を取り込むことができる。 対面式キッチンなので、家族の様子も感じながら料理が楽しめる。

ダイニング。

間仕切りが無いため、ダイニング以外の部屋の窓から、光を取り込むことができる。

対面式キッチンなので、家族の様子も感じながら料理が楽しめる。

リビングから階段、ダイニングを見る。 階段がインテリアの中心的な存在に。

リビングから階段、ダイニングを見る。

階段がインテリアの中心的な存在に。

階段後ろのスペース。リビングと和室が隣り合わせに配置。

階段後ろのスペース。

リビングと和室が隣り合わせに配置。

4.5帖の畳敷きと板畳からなる8帖の和室。 壁と畳以外は全てダークブラウンに。 出窓の凹凸を利用して神棚と収納を作る。

4.5帖の畳敷きと板畳からなる8帖の和室。

壁と畳以外は全てダークブラウンに。

出窓の凹凸を利用して神棚と収納を作る。

回り階段を囲むR壁。 デザインとして開けた壁の間から、家の奥にも光を届ける。奥に見えるのは、キッチン。

回り階段を囲むR壁。

デザインとして開けた壁の間から、家の奥にも光を届ける。奥に見えるのは、キッチン。

アンティーク調のブリックタイルとアーチ形の間仕切り壁で、素敵なダイニング&キッチンに。

アンティーク調のブリックタイルとアーチ形の間仕切り壁で、素敵なダイニング&キッチンに。

3階から回り階段を望む。 白の鉄製階段とウッディな踏板が とても綺麗。

3階から回り階段を望む。

白の鉄製階段とウッディな踏板が

とても綺麗。

3階ホール。 ゆとりのある贅沢なスペース。R壁と白の鉄製手すり、吹き抜けに栄える真っ赤なロールスクリーンが、モダンなインテリアを演出する。

3階ホール。

ゆとりのある贅沢なスペース。

R壁と白の鉄製手すり、吹き抜けに栄える真っ赤なロールスクリーンが、モダンなインテリアを演出する。

“重厚感のある家”テーマの通り、どっしりと落ち着いた外観。ガレージは、アメ車やハーレーなどが入る通常よりも大きなサイズ。

“重厚感のある家”テーマの通り、どっしりと落ち着いた外観。

ガレージは、アメ車やハーレーなどが入る通常よりも大きなサイズ。

設計者の一言


Planner 西脇 直也

豊な自然と雄大な妙高山が見据える妙高市に、また一つ新しい家が完成しました。
お施主様と一緒に造った楽しい空間が広がります。

健康、環境、耐震、ランニングコストを考えた家造りと、住まう人のライフスタイルを考えたプランニングを提案しました。
建物正面の4本の柱に、凹凸感あるストーン調の外壁材を貼り、重厚感ある落ち着いた外観にしました。玄関に入ると、鉄骨の回り階段が3階まで続きます。この回り階段が、各フロアのそれぞれでインテリアの中心的な存在となり、また間仕切りの役割をも果たします。
リビングやダイニング、キッチン、ホールなど個室以外は、間仕切りやドアを付けずにオープンにして、これにより、窓から取り入れた光を各室が共有でき、明るいインテリアになります。また空間を最大限に使い、ゆったりと贅沢な室内になります。これも、高気密・高断熱・高耐震住宅ならではの凄味です。

関連記事